平成30年度 市原市文化団体連合会研修旅行

DSCN0842_061DSCN0842 DSCN0840_060DSCN0840

平成30年度 市原市文化団体連合会研修旅行 

(国宝と新旧の建築を訪ねて)

恒例の市原市文化団体連合会の研修旅行は35()施された。穏やかな晴天に恵まれ参加者39名のバス旅行となった。

 昔から親しまれていた築地市場の移転、近代的な設備の完成にともない昨年の10月に豊洲市場としてオープンしたのを機に見学地として。昼食は皇居の一隅を占めて立つ楠木正成公の銅像の傍の楠公レストラン。また午後の見学地として、オリンピック開催を控えて海外からの観光客が急増していると言われている国宝の迎賓館と浅草。それぞれ思い出を乗せたバスは、最初の目的地豊洲市場へと向かった。  

 駐車場の無い豊洲市場では、小湊鉄道様の配慮により「ゆりかもめ」に一駅だけ乗って豊洲市場へ移動するルートを誘導してもらった。こんな機会でもなければ、「ゆりかもめ」に乗車することは無かったという仲間たちの声。 市場では飲食街と市場の2コースを自由に見学できた。

 迎賓館=明治42年に東宮御所として建てられた日本で唯一の西洋宮殿。世界各国から賓客をお迎えする迎賓館として昭和49年に蘇り、創立から百年を経て、平成21年、国宝に指定された=見学に際し、手荷物検査は当然でしたが、トイレも事務棟内はもとより、仮設も設置されていて丁寧な表示有り。順路に添いゆっくりと巡ることが出来た。

 浅草では仲見世を見て歩き、嗜好品を訪ねて横丁へと買い物を楽しみ、五井駅にはほぼ予定通りの19到着。市内の文化活動の各団体と交流できる一日となった。

 平成3145

事務局次長 逸見悦子記