平成31年市原市春季俳句大会

平成31年4月20日、五井会館に於いて、俳人協会副会長で「香雨」同人の太田寛郎(かんろう)先生を主選者にお招きして、平成31年春季俳句大会を開催しました。太田先生から、特選2句、並選30句の講評を頂きました。

❬春季俳句大会入賞者❭

(事前投句の部)題:しゅうせん(ぶらんこ)▪空

  • 市原市長賞 真砂女忌の空を映して忘れ潮 内田 聰子
  • 市原市俳句協会賞 朝市や小さく坐して蜆売 稲澤 雷峯
  • 市原市議会議長賞 春眠の耳より覚むる坊泊り 魚井満里子
  • 市原市教育長賞 草に寝て胸に雲雀の空のせる 池田 正子
  • 主選者特選 頬笑みは言葉のはじめ冬林檎 加藤法子
  • 主選者特選 真砂女忌の空を映して忘れ潮 内田聰子

(席題の部)題:百千鳥▪磯遊び

  • 市原市長賞 廃校に残る校歌碑百千鳥 加藤 法子
  • 市原市俳句協会賞 貴公子のやうな灯台磯遊び 松本 正子
  • 市原市議会議長賞 百千鳥十七歳の墓標かな 伯ヶ部 喜久男
  • 市原市教育長賞 百千鳥出払っている駐在所 重田 忠雄
  • 主選者特選 貴公子のやうな灯台磯遊び 松本 正子
  • 主選者特選 耳のなき五百羅漢や百千鳥 山田 香津子

第52回市原市文化祭俳句大会

去る平成30年11月4日、サンプラザ市原に於いて、千葉県現代俳句協会副会長の檜垣梧樓先生を主選者にお招きして、第52回市原市文化祭俳句大会が開催されました。なお、今年度から文芸コンクールに小学生部門が設けられました。

❬文化祭俳句大会入賞者❭                    

(事前投句部門)

  • 市原市長賞 朽ちてなほ沖向く舟やいわし雲 内田 聰子
  • 市原市俳句協会賞 綱引きの少し動いて天高し 重岡 昌子
  • 市原市議会議長賞 触れるまで葉っぱで居たり青蛙 大澤 ひろみ
  • 市原市教育長賞 梨をむく長い手紙を読むように 佐藤 陽子
  • 文化祭実行委員長賞 ホームからホームへの手話小鳥来る 伊東泰子

(当日席題部門) 

  • 市原市長賞 共に生き共には逝けず秋の蛇 長濱 聰子 
  • 市原市俳句協会賞 コンビニが出来てしまいぬ穴惑い 池田 正子
  • 市原市議会議長賞 蛇穴に入る地下鉄に西東 内田 聰子
  • 市原市教育長賞 蛇穴に入る告白のできぬまま 石井 紀美子
  • 文化祭実行委員長賞 薬草のちりちり乾き秋深む 泉 志眞子

❬第8回 文芸コンクール❭ 

(小学生の部)

  • 市原市長賞 ソーダ水すかしてみれば友と海 明神小5年 佐藤優依
  • 市原市俳句協会賞 よこならびすいかのたねをとばしっこ 蔵波小2年 高品 夕葵

(中学生の部)

  • 市原市長賞 部活動せみに負けじと声を出す 姉崎東中2年 杉 真綾
  • 市原市俳句協会賞 宇治川の浅瀬に集うあゆの子ら 国分寺台中3年 本田拓夢
  • 市原市議会議長賞 恋みくじ吉から始まる僕の夏 国分寺台中3年 酒生 杏一
  • 市原市教育長賞 甲子園三回戦で閉じた夏 姉崎東中2年 加藤祐一郎
  • 文化祭実行委員長賞 入道雲岬の小径の草を踏む 千種中1年 市川 璃子

(高校生の部)

  • 市原市議会議長賞 いつのまに昼夜逆転夏休み 鶴舞桜ヶ丘高2年 安西 宏斗
  • 市原市教育長賞 二度見する彼女の横顔夕焼け空 鶴舞桜ヶ丘高2年 山口 雅登
  • 文化祭実行委員長賞 コツコツと窓にあたりし夏の虫 鶴舞桜ヶ丘高1年 古川 智規